読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界も驚く三浦和良選手。


50歳にしてなおプロとして活躍している。
息子さんの「死ぬまでサッカー頑張って」を笑って言っているが、
キング・カズならやり遂げてくれそうだ。

“50歳”カズの出場に海外メディアも驚き。「クロップやアッレグリと同年齢で…」

横浜FCに所属する“カズ“ことFW三浦知良は、26日に行われたJ2開幕戦の松本山雅FC戦に先発で出場し、
50歳の選手として史上初めてJリーグのピッチに立った。海外の各国メディアもこの偉業を伝えている。

プロ選手として32年目のシーズンを迎えたカズは、奇しくも50歳の誕生日に行われた松本山雅戦に先発して65分間プレー。
自身の保持するJリーグ最年長記録をさらに更新した。

世界でもほとんど例のない50歳のプロサッカー選手には、海外メディアも注目している。
英『スカイ・スポーツ』や仏『レキップ』、スペイン『ムンド・デポルティーボ』など各国主要メディアがカズの記録達成をこぞって報道。
「60歳までプレーしたい」という試合後の発言も盛んに伝えられている。

伊紙『ラ・スタンパ』は、かつてカズがイタリアでプレーした経歴などとともに詳細な記事を掲載している。
ユベントスマッシミリアーノ・アッレグリ監督やリバプールユルゲン・クロップ監督、イタリアのレジェンドであるロベルト・バッジョ氏などと同じ
1967年生まれのカズが「まだプレーしている」という事実の驚きを伝えた。

カズは「日本のレジェンド」として各国で伝えられ、「キング・カズ」という愛称も広く用いられている。
松本山雅戦の前には国際サッカー連盟FIFA)も公式サイトで特集を組み、「不屈のベテラン」としてその経歴を紹介していた。
プロ化以前から日本サッカーを牽引してきたカズは、今後も世界を驚かせ続けていくことになりそうだ。

https://www.footballchannel.jp/2017/02/27/post199676/
カズと一問一答】みんなが勝利をプレゼントしてくれた

この日に50歳を迎えた横浜FCのFW三浦知良が先発出場し、勝利に貢献した。
05年以来12年ぶりの開幕ゴールはならなかったが、後半にはシュート1本を記録。
試合後は決勝ゴールのMF野村直輝とともにヒーローインタビューを受けた。一問一答は以下の通り。

-50歳の誕生日を勝利で飾った。

「横浜のサポーターを含めて、選手、スタッフのみんなが、僕にこの勝利をプレゼントしてくれたんだなぁとつくづく思います。
本当にありがとうございます」

-満員の観衆がつめかけた。

「きょうは最高の雰囲気の中でやれた。常にこういった雰囲気でやれるよう、みんなで頑張っていきたい」

-今後に向けて。

「こういうモチベーションをずっと続けられるように、みんなで力を合わせて前を向いて頑張りたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000063-dal-socc
カズ長男語る父の素顔「死ぬまでサッカー頑張って」

横浜FCのFWカズ(三浦知良)が新たな金字塔を打ち立てた。
50歳の誕生日に迎えたJ2開幕松本山雅FC戦に先発出場。
自身の持つJリーグ最年長出場記録を50歳0日に更新した。
2トップの一角として後半20分までプレーし、シュート1本に終わったが、1-0の勝利に貢献した。

スタンドからは、カズの長男良太さん(19)も熱い視線を送り、開幕戦勝利に拍手を送った。

「サッカー選手のカズと、お父さんとしての三浦知良は、別の人柄です。
ピッチに立つとすごい人ですけれど、家では冗談ばかり言って、みんなを笑わせてくれますし、威厳のあるお父さんとは違う。
自分たち兄弟の長男みたいな感じ」

4月からは大学進学が決まったが、一番喜んだのもカズだった。
大人としての1歩として、昨年末には高級なカラオケ店に初めて2人きりで連れていってくれた。

「お父さんのカラオケはサッカーにも負けていない。トシちゃんに郷ひろみさん…。
その時も他のお客さんもいたのに、お茶を飲みながら自分と2人だけでずっと歌っていました」

中1からサッカーを始め、昨年夏に父より早く引退した。
中学まではサッカーに興味はなく、往年のプレーの記憶はほとんどない。
プロ生活中心の父のため、家族旅行は夏と年末の毎年2回。夏は湘南地区の海でバーベキューをするのが恒例だ。

「一番の記憶は東日本大震災復興支援のチャリティーマッチ。カズダンスを見て鳥肌が立ち、初めてすごい人だなと思った。
夜は8時には寝るし、朝は6時半に起きてサッカー中心の生活。勉強を教えてくれることはありませんでしたが、背中を見て人生を学んでいます。
お母さんを悲しませるなということと、人に迷惑をかけるな、犯罪はするなというのが父との約束。今から普通のお父さんになっても、息子として対応できないので、死ぬまでサッカーを頑張ってほしいです」

試合後は家族みんなで集まり談笑。男同士で固い握手を交わした。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1784719.html